スマートフォンでワンクリック詐欺を対策する - ロボフォームのススメ

【ベテラン厳選】
あなたの大切なパスワードをがっちり守る!ロボフォームの無料体験ができます
RoboForm: Learn more...

スマートフォンでワンクリック詐欺を対策する

情報処理推進機構(IPA)から、2012年1月のコンピュータウイルス・不正アクセスの届出状況、および「今月の呼びかけ」を取りまとめた文書が公開されました。

それによると、1月のウイルスの検出数は2万8459個で、12月の1万3259個から114.6%増加。1月の届出件数は941件で、12月の764件から23.2%の増加となったとのことです。

 IPAの今月の呼びかけで「スマートフォンでもワンクリック請求に注意!」として、ワンクリック詐欺の手口を解説しています。

 アダルトサイトの料金請求画面を貼り付けて消えないようにしたとして、ワンクリック請求を行っていた業者が逮捕された事例を紹介しています。

 またAndroid OSのスマートフォンで、不正なアプリを用いて、パソコンのワンクリック請求のように料金請求画面を出し続けるという事例も発生している事を紹介しています。

 Android OSを使ったスマートフォンは多く出ていますが、実のところ、まだ問題が多いと考えています。
 Android OSの開発用のリファレンスをぱらぱら見ると、携帯電話を対象としたサイトを作成する場合と同じようにWEBサイトで手順さえ踏めば、電話番号の取得ができるのです。

 パソコンのワンクリックよりタチが悪いかもしれません。

 アダルトサイトにアクセスしても、パソコンの場合、ワンクリック詐欺はメールアドレスなどの個人情報まで抜き取られることは少ないので、無視するという対応が取れます。

 Android OSでは怪しげなアプリケーションソフトをインストールしない事は当然ですが、その機能を悪用されて、アダルトサイトなどの怪しげなサイトへのリンクをクリックしてアクセスしてきた人、電話番号や住所録など盗られてしまうと、「サイト使用料金を払え」といった電話がかかってきたり、住所録に登録している人へ嫌がらせをしたりと、追い込むことも可能です。

 スマートフォンで隠れて、アダルトサイトやアダルト動画を見る人には自業自得ですが、ジャニーズ系のアイドルの情報サイトとかでこの手口が流行りだしたら、女性でも容易にひっかかる可能性もあるでしょう。
 
 しかし、こうした不正な請求に支払う義務はありません。

 ご存じの方も多いと思いますが、電子消費者契約法があって、支払いを求める業者側は、申込フォームを表示して、そこに入力してもらい、更に申し込んだ後には確認メールを送る必要があります。
 この2つをきちんとやらない限り、支払いの義務は生じない事になっています。

 とはいえ、電話がかかってきたら、気分はよくないでしょうし、性に興味を抱きだす中高生を狙って、アダルトサイトに誘導して、嘘でも『親や学校知られたくなかったら支払え』と表示すれば、恐怖を感じるかもしれません。

 こういう業者のズル賢さに一般人、とくに未成年は敵わないので、対策を用意しておいた方がいいでしょう。

 次の記事で対策ソフトも紹介しましょう。
あなたのセキュリティ知識強化で役にたったら、クリックご協力お願いします!
にほんブログ村 IT技術ブログ セキュリティ・暗号化へ
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ランキングバナー

この記事へのトラックバック
あなたの大切なパスワードをがっちり守る!ロボフォームの無料体験ができます
RoboForm: Learn more...
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。